美容外科看護師の求人から転職した結果

美容外科を志望していた


私は、転職前は総合病院に勤めていました。もともとは、美容外科を志望していたのですが、せっかく看護学校を出たのだから、病院に勤めるべきだと親や友人からアドバイスをもらい。近所の総合病院に就職しました。勤め始めてからの3年間は、学ぶ事が多く日勤が終わってから講習会に参加し夜遅くまで学習をしていました。患者さんが多く担当する人数が増えていた時は、夜勤から日勤まで連続で行う事が日常茶飯事でした。3年が過ぎると、自分の仕事を調整する事を覚え余裕が生まれる位になりました。後輩の看護師も順調に育ってきており、自分の仕事に専念する事が出来てきた時の事です。ふと、このままで良いのかという疑問が湧いてきました。もともとは、美容外科 看護師を志望していた事を思い出す事が増えてきました。そんなモヤモヤとした気持ちを抱えたまま勤務をしていた時の事です。ある業務の効率がとても悪かった為、上司である師長に改善を提案しました。しかし、師長はその改善提案をきちんと見ずにこの病院には病院のやり方があると言って、改善提案は却下されてしまいました。そんなことから、この病院は考え方が古いと感じるようになり、このままでは病院内の効率はいつになっても改善されないと感じるようになりました。



もくじ
美容外科を志望していた
給料が三分の一位減ってしまった
美容外科看護師への転職は成功